看護部

サポートスタッフ:看護部

河崎病院

河崎病院看護部へようこそ!

河崎病院看護部は、新しい挑戦にみんなで知恵を絞って、楽しく発展させていくことを第一に考えています。水間観音様に見守られ、リニューアルして皆様方をお迎えしています。この地に、なくてはならない地域の病院をモットーに、安全な医療信頼されるケアを心に、職員一同頑張っています。
河崎病院は、129床の急性期・回復期・療養病棟のケアミックス型病院です。また、二次救急告示病院で24時間体制の医療を提供しています。脳外科手術や整形外科手術など外科系も学べます。
4月から、新バージョン“河﨑ラダー”導入を計画、教育に力を入れて取り組んでいます。特に、経験の浅い方やブランクの方も一緒に学ぶ姿勢を大切に“シュミレーション担当”を決め育成に取り組んでいます!共に学び、ともに成長していく看護部にしていきたいと考えています。
患者様やご家族の“よりどころ”になれる様「入退院支援室」準備も整え、超高齢化に対応できるようグループあげて参ります。

看護部長・入退院支援室顧問 永津八代子

理念

医療・福祉を通して、私たちは常に豊かな人間性を養い、心に寄り添う看護を提供します。

教育体制

ゆっくり・大きく・確実に!
やさしく・素直に・誠実に!

看護師の目指す像
・看護の楽しさが語れるナース
・自分の看護に責任が持てるナース
・看護に誇りが持てるナース

平成30年度教育目標 「学ぶ・知る・分かる・楽しむ」
1.地域に根差した地域包括マネジメントが実践できる教育をめざす 
2.個々の実践能力に合った教育支援を実施し、個人の持つ目標に達成できる支援をしていく
3.医療法人慈薫会グループの連携を重視した幅広い視野で、看護ケアが展開出来る能力を培う

現在、河崎病院クリニカルラダーを実施中。ブランクのある方も、未経験の方・進学希望の方も、個々に応じたレベルで支援しています!
学ぶ実感、患者様に接する喜び、共に伝わる「こ・こ・ろ」を大切に、プロとしての質を高めていきましょう!

画像
画像

看護基準

・急性期病棟 47床
 10:1 看護基準
(急性期看護補助体制加算25:1)
(夜間 50:1)
・療養病棟 35床
 20:1 看護基準
(看護補助者 20:1)
・回復期リハビリテーション病棟 47床
 15:1 看護基準
(看護補助者 30:1)

部署紹介

急性期病棟

急性期病棟は、24時間365日、救急患者様を受け入れる病棟です。病気で苦しむ患者様に、最も苦しい時期、不安が強い時期、生活環境が一転し戸惑う時期にある患者様の心に少しでも寄り添える看護を目指しています。
救急受け入れから周手術期看護と日常看護業務は、目まぐるしい状況ではありますが、自慢は、お互い助け合える仲間がいて、職場は明るく笑いの絶えない仲間たちがいます。
働きながら学ぶナース、ママさんナース、ブランクのあるナースがベテランナースとの会話の中でお互い育み成長しています!
貴女も一緒に、仲間になりませんか!!

療養病棟

私たちの病棟は、急性期から医療を継続的に必要とする患者様を対象に、医療・看護・リハビリを提供して在宅へ復帰して頂けるよう支援しております。
患者様の特徴は、末期がん患者様に緩和ケアのかかわりや、気管切開・酸素吸入・24時間点滴療法を余儀なくしている方への看護を通して、ご家族へのかかわりも重視して看護サービスを提供しております。
お話できない患者様には、ジェスチャーや沢山の声かけを通してコミュニケーションの場を作っています。
入院生活の場が、患者様・ご家族の皆さまに安心して信頼出来る場で有るよう日々努力しています。

回復期リハビリテーション病棟

私たちの病棟は、脳血管疾患、大腿骨頸部骨折など急性期医療を終えた患者様に対して、集中的にリハビリテーションを行う病棟です。
特化していることは、リハビリスタッフとチームを組んで機能訓練し回復していく状況を評価し、早期の在宅復帰・社会復帰を患者様・ご家族の皆さまと共に目標に向かって目指すことです。私たちは、チームアプローチで、日常生活への全面支援をし、安心して自宅へ帰れるようぬくもりあるケアを。

手術室

当院の手術室は2室あり、主に整形外科と脳神経外科の手術をしています。整形外科手術では骨折手術、脊椎関連手術、人工骨頭置換術等を手掛けており、脳神経外科では慢性硬膜下血腫、脳クリッピング、V-Pシャント、脳造影検査(アンギオ)、脳カテーテル治療等もしています。また通常の予定手術に加え、緊急手術にも対応しており、できるだけ多くの患者様のお役に立てるように取り組んでいます。
術前訪問~術後訪問まで、私たちは患者様やその家族の立場で考え丁寧な説明と個別性に応じた対応を心がけています。ぜひ遠慮なく痛みや不安、緊張など困っていることなどありましたら遠慮なくお話しください。医師と共に安全で安心、安楽な手術が行えるように対応しています。
教育面では手術室特有の手技、知識を体得できるようオリエンテーションを計画、実施しております。「今までの経験を活かしたい方」「手術室看護に興味がある方」など大歓迎です。

外来

私たちは、24時間365日「断らない救急」を掲げ、地域の皆さまに苦しい時、悩んでいる時、常に相談の窓口になれるように、寄り添っていく外来看護を目指しています!
通院から、訪問診療など幅広い外来看護をしています。
5月から、「入院・退院支援室」も開設し、もっと身近な、もっと親切に対応出来る外来看護で皆様をお迎えしたいと考えています。
そんな、地域住民とのかかわりを重視した看護活動を、一緒にしてみませんか!

Page Top