診療科目 消化器内科

診療科目 内科

河崎病院

消化器内科のご案内

消化器系

主な診療内容

食道、胃、小腸、大腸の疾患のほか肝臓、膵臓、胆嚢さらに腹膜疾患など広い領域の病気を扱います。症状も腹痛から全身倦怠感、食欲不振、貧血、やせなど幅広く、初診の方の半数以上が消化器関連の患者が多いです。

①食道疾患
【食道炎】
・必要に応じて、上部内視鏡検査。
<治療>
必要に応じて対応。
【逆流性食道炎】
・必要に応じて、上部内視鏡検査。
<治療>
病状に応じて対応。②胃疾患
【胃潰瘍】
・症状が吐下血であれば、緊急処置が必要となることが多く、状況に応じ輸血や外科的加療が必要になることがあり、より高次の病院での対応が望ましいと思われるため、基本的には非対応。症状が、腹痛のみで吐下血がない疾患に関しては、採血検査や内視鏡検査実施。
<治療>
吐下血ある場合:高次病院へ紹介。
吐下血ない場合:採血検査・内視鏡検査実施。
【胃ポリープ】
・上部内視鏡検査実施。
<治療>
部位、サイズにより対応を検討。部位や大きさによっては、高次病院へ紹介。
【胃癌】
・手術や抗癌剤治療が必要なものは対応不可、緩和治療は対応可。
<治療>
手術や抗癌剤治療が必要な場合:高次病院へ紹介。
手術や抗癌剤治療が必要ない場合:緩和治療。③大腸疾患
【大腸ポリープ】
・下部内視鏡検査実施。
<治療>
内視鏡的切除。ただし、大きさによっては、高次病院へ紹介。【クローン病】
・対応不可。
<治療>
高次病院へ紹介。
【潰瘍性大腸炎】
・下部内視鏡検査実施。
<治療>
当院では白血球除去療法などの治療は不可能なため、重症例は、高次病院へ紹介。それ以外は病状に応じ対応。
【大腸癌】
・手術や抗癌剤治療が必要なものは対応不可、緩和治療は対応可。
<治療>
手術や抗癌剤治療が必要な場合:高次病院へ紹介。
手術や抗癌剤治療が必要ない場合:緩和治療。④胆・肝・膵疾患
【悪性腫瘍】
・手術や抗癌剤治療が必要なものは対応不可、緩和治療は対応可。
<治療>
手術や抗癌剤治療が必要な場合:高次病院へ紹介。
手術や抗癌剤治療が必要ない場合:緩和治療。
【胆嚢炎】
・現在のガイドラインでの治療が数日以内の手術が望ましいとされており、手術可能な状態の場合は高次の病院が望ましい。ただし、抗生剤のみの加療は対応可能。
<治療>
抗生剤投与。
手術可能な場合:高次病院へ紹介。
【総胆管結石】
・腹部CTやMRCPで診断。状況によりERCP検査も可能。
<治療>
ESTにて治療は可能であるが、サイズや個数に応じてより高次の病院へ紹介することもある。
※胃手術歴のある患者様は、ERCPが困難になるため、基本的には当院では対応不可。
※減黄目的の緊急ERCPは、カニュレーションできない場合、緊急PTCDもしくはPTGBDが必要になるため、高次病院へ紹介。
【急性膵炎】
・重症急性膵炎は9%、最重症例では30%の死亡率があり、重症例は高次病院での加療が望ましい。軽症・中等症は腹部CT・採血検査などにて診断。
<治療>
軽症・中等症は点滴加療。
重症・最重症は高次病院へ紹介。

処置・検査

・上部及び下部消化管内視鏡検査による、食道、胃、十二指腸、大腸の精査
・上部消化管(食道・胃・十二指腸)出血に対する内視鏡下止血術
・下部消化管(大腸・直腸・肛門)出血に対する内視鏡下止血術
・内視鏡下大腸ポリープ切除術
・総胆管結石、閉塞性黄疸に対する内視鏡下乳頭括約筋切開術(EST)、砕石術、胆道ドレナージ

担当医紹介

名前 専門
河﨑 晃
(会長)
消化器
河﨑 敦
(院長)
消化器
日本プライマリ・ケア連合学会 認定医
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医
日本医師会認定産業医
澁谷 充彦 消化器
芝 一弘 消化器
松井 繁長 消化器

Page Top