診療科目 循環器内科

診療科目 内科

河崎病院

循環器系

主な診療内容

血液の循環に関係する臓器(心臓、大動脈)におきる病気(循環器疾患)の診療を行います。なかでも、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心不全、高血圧などを主に診療しています。これらの病気は、緊急の対応が必要なものが多いのが特徴です。

【虚血性心疾患】
狭心症に対する冠動脈CT検査や、冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)、冠血流予備量比検査(iFR、FFR)経皮的冠動脈ステント留置術(心臓カテーテル治療)等を実施しています。

【心不全】
慢性心不全に対する内服薬治療を行っています。急性心不全(心不全発作)については、入院にて治療を行っています。

【高血圧】
内服薬だけでは対応できない高血圧緊張症については、入院にて降圧剤の点滴などを行います。

【不整脈】
24時間(ホルター)心電図検査などで必要な症例には、恒久ペースメーカ植え込み術を行っています。

【大動脈瘤・大動脈解離】
保存的治療可能な症例は入院加療を行い、心臓血管外科対応が必要な症例については高次の病院へ紹介いたします。

【末梢動静脈】
下肢閉塞性動脈硬化症に対するステント治療、深部静脈血栓症に対する下大静脈フィルター留置等の治療を行います。

冠動脈CT検査

点滴のルートより造影剤を流して、冠動脈をCTで撮影する検査です。外来で実施しています。
この検査により、冠動脈の狭窄や動脈硬化の程度がある程度わかります。

冠動脈造影検査

カテーテルという細い管を、手首や足の付け根の動脈より冠動脈(心臓の血管)の入り口まで通し、造影剤を冠動脈に注入して撮影する検査法です。
この検査により、さらに詳細な冠動脈の狭窄の程度がわかります。

iFR(瞬時血流予備量比), FFR(冠血流予備量比)

画像 FFRはプレッシャー・ワイヤーという特殊な細いワイヤーを使用し、冠動脈の狭窄部の前後の血管内圧(Pa、Pd)を測定することで、心虚血の程度を評価する検査法です。
さらに、iFRは薬剤を投与する必要がなく、5心拍という短い時間で測定できる新しい検査法です。通常は冠動脈造影検査に引き続いて実施します。                   

経皮的冠動脈ステント留置術

画像 カテーテルを、手首や足の付け根の動脈より冠動脈(心臓の血管)の入り口まで通し、冠動脈の狭窄部でバルーン(風船)を拡張した後にステントを留置する治療法です。

経皮的冠動脈形成術

画像 冠動脈の病変によっては、バルーン(風船)で狭窄部を拡張した後、ステントを留置しない治療法を実施する場合もあります。

血管内超音波検査

画像 冠動脈内に超音波カテーテルという細いカテーテルを入れて、血管の中を超音波で観察する検査です。通常は、バルーンやステントの治療の際に実施し、病変の内径や断面積、長さ等を計測します。

担当医紹介

名前 専門
佐藤 勝雄
(部長)
循環器
舩津 俊宏 循環器

Page Top